平成30年12月19日に、福田市長と岩国市議会の藤本議長は、山口県の村岡知事、山口県議会の柳居議長とともに文部科学省を訪問し、柴山文部科学大臣へ錦帯橋の顕著な普遍的価値などを取りまとめた「世界遺産暫定一覧表記載資産候補提案書 錦帯橋」を手渡し、錦帯橋の世界遺産登録ならびに世界遺産暫定一覧表への追加記載についての想いを伝えました。

村岡知事から「世界唯一の構造や景観美・構造美など、顕著な普遍的価値を整理し、真実性や完全性の検証についても行って提案書を取りまとめた」と伝えました。
福田市長からは、「錦帯橋を世界文化遺産に推す会」などの市民団体活動を紹介し、「錦帯橋は岩国の宝であり、シンボル。錦帯橋を世界の宝として世界遺産暫定一覧表に追加記載してほしい」と伝えました。

提案書を受け取った柴山文部科学大臣からは、「錦帯橋は極めてユニークで、風光明媚。いただいた提案書をしっかりと拝見し、必要に応じて技術的・専門的な指導や助言等を行わせていただきたい。」とコメントをいただきました。

 

山口県と岩国市は、今後も錦帯橋の顕著な普遍的価値に関する調査・研究を行い、国内外に発信をしながら、錦帯橋の世界遺産暫定一覧表への記載、そしてその先の世界文化遺産登録を目指して参ります。

※この度、提出した提案書につきましては、下記リンク及び錦帯橋世界文化遺産登録推進協議会のホームページからご覧いただけます。

世界遺産暫定一覧表記載資産候補提案書 錦帯橋

コメントをどうぞ

Back to Top