9月20日にフランスのパリで、錦帯橋世界文化遺産専門委員会の小林委員長が、世界遺産コンサルタントのミシェル・コット氏と、錦帯橋の世界遺産登録について意見交換をおこないました。

コット氏は、平成20年1月に岩国市で開催された「錦帯橋国際シンポジウム」での講演のために錦帯橋を訪れてから、錦帯橋の世界遺産登録について気にかけていたとのことで、さまざまなアドバイスや課題をいただきました。

 

錦帯橋の世界文化遺産登録については、下記ホームページをご覧ください。

錦帯橋世界文化遺産登録推進協議会ホームページ「錦帯橋 ~世界遺産をめざして~」

http://kintaikyo-bridge.jp/

 

コメントをどうぞ

Back to Top