【文化的景観観察会】
ディスカバー錦帯橋 -いろんな錦帯橋を見つけよう!-

錦帯橋や城下町の風景は、古くから浮世絵や絵画に描かれる対象とされてきました。これらの作品の中には、山・川といった自然や両岸のまち、人々の暮らしなども描かれています。

こうした作品と現在の風景とを見比べながら、錦帯橋がどのように見られてきたか、また、現在であればどんな錦帯橋の見方ができるかを歩きながら発見してみましょう。

※この行事は、現在取組みを進めている「文化的景観」の普及啓発事業として取り組むものです。

日時、場所

日  時 平成30年11月10日(土曜日)13時30分~16時30分
場  所 サンライフ岩国(岩国市横山2-7-28)及び錦帯橋周辺

内容

・錦帯橋がどのように浮世絵や絵画に描かれてきたかの説明を行います。
・錦帯橋を中心とする城下町を歩いて、昔から変わらない岩国の風景、大人になっても残したい岩国の風景を発見します。
・それぞれが発見した風景を発表してもらいます。

募集人数

対象:小・中学生とその保護者
定員:20組

参加費用

無料

持ってくるもの

飲み物、デジタルカメラ(持っていない場合はスマートフォンでも可)

申込方法

募集期間:10月15日(月曜日)から10月31日(水曜日)
申し込み:下記の申込書をダウンロードし必要事項を記入の上、錦帯橋課に持参、メールまたはFAXで応募してください。
応募者多数の場合は、先着順とします。
 

その他

○本事業の実施に伴い、記録写真・記事をインターネット等へ掲載する場合があります。
○大雨等の転載、事故その他やむを得ない事由が発生した場合は、中止若しくは予定した日程を変更する場合があります。
○当日は、「錦帯橋芸術祭」として錦帯橋周辺で様々なイベントが開催されますので、併せてお楽しみください。
 
 

コメントをどうぞ

Back to Top